Come scegliere le scarpe per l'ufficio

オフィスシューズの選び方

靴ひもの靴、ローファー、フラット 最も適したオフィス シューズは? すべての職場に独自の服装規定があるというのが本当なら、ファッションがすべての規範を覆したこともまた真実であり、スーツの下にスニーカーでもOK!しかし、では、仕事に適した靴をどのように選択すればよいのでしょうか?服装の問題だけではありません。実際、私たちがオフィスについて話すとき、私たちは何時間も机に向かって過ごし、重たい足とむくみについて話します。靴がすべてだったら?したがって、私たちのアドバイスを参考にすれば、快適さのためにスタイルをあきらめる必要はありませんが、完璧な靴を選ぶことで両方を手に入れることができます。

最適なオフィスシューズのモデルは?

仕事用の快適な靴について話すとき、すぐに思い浮かぶのは、あまりモダンでもスタイリッシュでもないモデルです。これは、美しく組み合わせ可能な靴に傾倒していることを意味しますが、確かに快適性と快適性は劣ります.ただし、その秘密は選択にあります。足に一定の快適さを与えるクールなモデルを選ぶこともできます。彼と彼女のためのオフィスで快適な靴の本質的な特徴を一緒に見てみましょう.

女性の事務用靴: ローヒールでも可

朝、目覚めるとすぐに、女性はスタイルや細部へのこだわりを犠牲にすることなく、時間通りにオフィスに着くために何回もジャンプします。しかし、これは多くの場合、非の打ち所がないために、美しいが非常に履き心地の悪いファッショナブルな靴を履く傾向があることを意味します.しかし、仕事着に適した靴のモデルはないと誰が言ったのでしょうか?スタイルと快適さを両立させるためのヒントは次のとおりです。

  • 高すぎないトレンディな靴に青信号 - ローヒールのバレエシューズはあらゆるルックを装飾し、オフィスから食前酒へのジャンプに最適です.ローヒールが好きな方は、仕事用にフラットシューズがぴったりです。
  • 流行に左右されないクラシックなモデルを目指して - ローファーはズボンの下にシックなタッチで合わせますが、ドレスの下にも適しています。秋から春にかけて、スーツの靴としても最適です。革であろうとパテントレザーであろうと、どんなものとも簡単に組み合わせることができるように、ニュートラルな色と黒を選ぶことをお勧めします.
  • スニーカーを履くことを恐れないでください - パラッツォ パンツとジーンズの下の両方に理想的です。これらは、あらゆる服装に若々しい感触を与えるだけでなく、実用性と快適さを保証するオフィススポーツシューズです.スポーティでシックなモデルを評価することをお勧めします。スポーティですが、過度ではありません。



    ブログに戻る